宝塚大劇場 月組公演 三井住友VISAカード ミュージカル『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』2回目

初観劇の際は、作品の持つ圧倒的な雰囲気にのまれてしまった『エリザベート』ですが、2回目はストーリーは分かったうえで観るので、単にストーリーを追うだけにならず、じっくり楽しんで観ることができました。
……とは言っても、今回もやはり壮麗な世界観に心が引き寄せられ、序盤からぽーとなっておりましたが


今回の座席は2階6列S席(税込8,300円)です。
2階6列.JPG
前回座った席が2階9列のA席だったので、実際に席に着くまでは、S席と言ってもA席とほとんど変わらないんじゃ……
と思っていたのですが、数列違うだけでもかなり舞台に近づくものですね~


さて、肝心の舞台ですが。

愛希れいかさん演じるエリザベートは相変わらず素晴らしかったです。
もはや形容する言葉も見つかりません。

他の登場人物や、それを演じる役者さんたちもそれぞれに魅力があって、だからこそ、多くの人の心を掴んで離さない作品が出来上がるんだろうなーと感じました。

まず、トート役の珠城りょうさん。
私は鏡開き『カンパニー』で拝見しただけなので、珠城さんのお人柄云々は分かりませんが、エリザベートを死へ誘いながらもどこか見守っているような優しさが感じられて、きっとご本人も温かいお人柄の方なんだろうなーと思いました。
珠城さん、体格がいいし、手も大きいから余計に包容力を感じるのかも。

演じる人のことは置いておいても、トートは非常に人間味のあるキャラクターだと考えています。
息子を亡くしたエリザベートがトートに縋ったとき、トートは「死は逃げ場ではない」と言って彼女を突き放しますよね。
あのシーンを観たときは、今まで散々死へと導いておきながらどっちやねん!……と(笑)

エリザベートが「私だけに」を歌うシーンでも、(思い止まったけど)彼女が死のうとしたのは、宮廷で束縛される辛さから逃げたいからですよね?
あのときトートは彼女の死を歓迎していたくせに、なぜルドルフの死から逃げるのはダメなんだ……と、モヤるのですが、黄泉の帝王とはいえ、トートはわりと感情で動いているように思うし、「理屈じゃない」のかなーと。
そういう点で、人間味が見え隠れする珠城さんのトートはとても良かったと感じました。


フランツ・ヨーゼフ役の美弥るりかさんは、繊細なお芝居をされる方だなーという印象。
公演プログラムによると、美弥さんは、フランツを「シシィへの愛によって、人生が変化していく"一人の男性である"」と捉えていたのだとか。
本当に、フランツは終始一貫して、ただエリザベートだけを愛していたんだな……ということが伝わってくる美弥さんのフランツでした。
でも皇帝として冷静、冷酷であることを求められた彼はエリザベートとはすれ違い、彼もまた孤独に生きたんだなーと思うと、切なくなりますね。


ルイジ・ルキーニ役の月城かなとさんには、登場した瞬間から目を奪われました。
ギョロっと目を剝いて、狂気を宿らせていた表情にはぞくっとしました。

ルキーニといえば、第2幕冒頭の客席いじりは毎回アドリブなのですね!
初めて観たときは「綺麗なねーちゃんがいる」→「よく見たら美人じゃないな……ウソウソ、綺麗だよ」。
そして今回は、(11時からの公演だったので)「11時から綺麗にして来てくれてありがとよ」でした。
次は何を仰るのか、期待してしまいますね(笑)


ルドルフは役替わりがありますが、私が観たのは前回も今回も暁千星さんのルドルフです。
幸運にも私はもう一度この作品を観るチャンスがあるのですが、そのときも暁さんのはず。

私、もう何年も前ですが、エリザベートの伝記を読んだことがありまして。
ルドルフは神経質な人物として描かれていたため、多感で気難しいイメージが強かったのですが、暁さんの演じるルドルフはそういう病んだ感じはなくて、聡明だけど未熟ゆえに苦しんだ青年という印象を受けました。


メインキャストについてはこんな感じでしょうか。


他に気になった方は、少年ルドルフ役の蘭世惠翔さん。
歌上手いですね。母の愛を求める少年の孤独に思わずうるうる。
エリザベートも、苦労してゾフィーから取り返した息子だというのに、結局彼女は息子と関わろうとしないんですよね(涙)

あと、憧花ゆりのさん演じる皇太后ゾフィー……怖っ!
確かに厳しい人でエリザベートと対立もしましたが、それは皇室のことを考えてのことであって、エリザベートの美点(例えば美貌や素直な性格、フランツに対する愛情)はちゃんと認めていたと言われている人なので、あんなにふうに悪者として描かれているのは好きではないのですが……
それでも、あんな怖い姑にいびられたら、そりゃ誰だって逃げたくなるわと思ったので、憧花さんのゾフィーは説得力がありました。
ゾフィーが死んだとき、取り巻きの貴族たちがホッとしたように喜んでいたのにはちょっと笑いました。
皆さん怖かったのね(笑)


2度目の『エリザベート』も素晴らしかったのですが……
一つ残念だったのは、第2幕の「キッチュ」が終わって「戴冠式」の場面へ移ろうとしたそのときでした。
オーケストラピットから突然、オルガンらしき楽器のジャーンという音が
鍵盤に手でも当たったのか、明らかにミスだと分かる不協和音で、一気に現実に引き戻された感じ(汗)
もちろん何事もなかったかのように舞台は進行し、私は再び物語の世界に引き込まれたわけですが。
次回はどうか何事もなく進行しますように。




初観劇の感想はこちらから。
幕間にはとんかつ「まい泉」のお弁当でランチ


にほんブログ村 主婦日記ブログ 平凡主婦へ
にほんブログ村

このブログの人気の投稿

Amazon から差出人不明の封筒が届いてパニック

驚きの炊飯器トラブル!象印 IH炊飯ジャー「極め炊き」の蓋が閉まらない!?

【箱根旅行】1日目⑦ ホテルグリーンプラザ箱根 大満足のプレミアムビュッフェ